3年ぶりの皆既月食

今日1月31日の夜は、日本各地で皆既月食が見られます。

太陽と月の間に地球が入り一直線になる時があり、月が地球の影に入ります。

その時、地球から月は欠けて見え、その現象を月食と言います。

月食には一部が欠ける部分月食と、全てが欠ける皆既月食があります。今日見られるのは皆既月食です。

前回の皆既月食は2015年4月4日で、約3年ぶりになります。

今回の皆既月食は午後9時前に欠け始め、午後10時前に月は完全に欠けます。

月食は1時間ほど続き、午後11時過ぎには月は形が戻り始めて、2月1日深夜には元の形に戻ります。

久し振りの皆既月食ですが、心配なのは天気です。

今日の夜遅く日本海側は雪、太平洋側もほとんどの地域で曇りと予想されています。

晴れているのは北海道東部と岩手宮城の一部くらいです。私の住んでいる町も夜遅くは曇りのようです。

前回2015年の時の皆既月食は比較的早い時間帯から始まり、その姿を見ることができました。

普段の月の色とは違った、紅色の月が夜空に輝いていました。

太陽と地球、そして月の位置関係によって起こる現象ですが、やはり月食の時の月は幻想的です。

今回は全国ほとんどの地域で夜遅く天気が悪いということもあり、全国的に皆既月食が見られるのは残念ながら難しそうです。

前回見ることができたので、ぜひ今回も見てみたいと思っていたのですが仕方ありません。次回、夜間に曇らないことを祈るばかりです。