私の少年時期と一家についての事象

あたいは少年年体躯が軽くて体をくずし易く、すぐ熱量が出たり、扁桃腺がはれたりしていました。そんな時は家で寝ていましたし、世帯に介抱してもらっていました。そのため勉学を休むことが多く親に重荷をかけ続けていました。そのことが果てしなく辛かったということを記憶している
自分も幼児ながら常々不安でした。あたいは当時、範疇の中で一番欠席が多いと範疇担任のドクターから聞かされました。そのため家族みんなで、私のことをひどく心配していました。特に私の母親は私の体躯を重荷し、丈夫になってほしいとして、あたいをバスケットボール部に入部させたのです。
バスケットボールの実践は体育館を何周も走ったりして、とても痛いグッズでしたが、あたいは常々行くようにしました。最初はスタミナがなく思うように走れなかったのですが、それが徐々に走れるようになりました。また練習を重ねているうちに、「バスケットボールが上達したね」とコーチに褒められるようになり、戦争に立てるようになりました。体躯も丈夫になり常々、勉学にたどり着けるようになりました。
体躯が弱かったのにこんなに丈夫になったのは、世帯のおかげです。あたいは今も世帯に心からお礼し何か恩返しが出来ればとしている。